ニュース

Youtuberによりファミコンが魔改造され、プロジェクターがねじこまれる。


via Geeksmithing (YouTube)

YouTuberのGeeksmithingによって、どこでもデカい画面でゲームができる、プロジェクター一体型のNES(ファミコン)が生み出されました。NES(ファミコン)の筐体の中身を取り出して、そこに小型のNESのマザーボードを突っ込み、更に小型のプロジェクターとコントローラー2コをねじ込んだ、という仕様らしいです。

オリジナル版の記事では、「感謝祭の七面鳥ほど恐ろしくはないけどね、Hahaha。」みたいなことが書かれていますが、ちょっと何言ってるかわかりません。(hahahaとは言ってないか。)

バッテリーの充電をさらに簡単にするために、受電用コイルを追加した。SNESマリオペイントのプラスチックマウスパッドを魔改造して、充電パットにしたんだ。 Nintendo Switchでさえワイヤレス充電を提供していないことを考えると、ここが最もイケてるアップグレードかもしれない。

gizmodo

ですって。これで、「中身をほじくりだして何か(感謝祭の七面鳥のように)詰め込む」のが米国人のツボなんだというこということがわかったので、kickstarterあたりでウケるハックの発想の幅がひろがるかもしれない。

オリジナルの記事はこちらでどーぞ!

[blogcard url=”https://gizmodo.com/someone-stuffed-an-original-nes-with-a-smaller-nes-and-1839639275″]

関連記事

     
  1. ニュース

    AppleがHomePodの廉価モデルを開発中か。2020年中に登場のうわさ。

    AppleがHomePodの廉価モデルを開発中か。2020年中に登場の…

  2. ニュース

    米Sprintが子供向けスマートウォッチ「WatchMeGo」をリリース。

    米Sprintが新しいキッズ向けスマートウォッチ「WatchMeGo」…

  3. ニュース

    Indiegogoに高性能なウイルス対策用マスクが登場。リユース可能でスタイリッシュ!

    Kickstarterに、見た目がかっこいい高機能なリユース可能なウイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP