実験室

壮大な計画もちっちゃい一歩から。MacOS CatalinaでM5StickCをLチカ。


えー、これはIoTになんの興味もない人には、大変につまらない記事です。急いでバックボタンを連打したほうがよいでしょう

壮大な計画とは

先日、IoTデバイスが埋め込まれていて、データがたくさんとれるいかしたスマートランニングシューズをレポートしたが、自分で似たようなの作ってみたくなったのだ。

そこでふいに思い出した。1年前ぐらいにポチったまま引き出しのゴミと化している、M5StickCがあったじゃないか!

M5StickC

これはESP32というマイコンに、6軸センサーやらLEDやら、LCDにボタン、WifiにBluetoothさらには80 mAh LiPoバッテリーまで搭載している、小さくてもものすごいやつなのだ。そんなすごいのが、なぜ机のゴミ扱いされていたか理解できない。だめじゃないか、1年前のおれ。

ちなみに最近のお値段はAmazonで¥2,300前後のもよう。

ちなみに今回は、先日買ってきたMacBook 12″ / MacOS 10.15.2(Catalina)という環境だ。

まずはArduino IDEをインストール

https://www.arduino.cc/en/Main/Donate

ここから「JUST DOWNLOAD」をポチッ。もちろん心あるひとはContribute(寄付)を選んでもよいよ。

ESP32ボードマネージャーをインストール

IDEを起動して、Arduino – Preferences を開き、「追加ボードマネージャーのURL」に以下のESP32ボードマネージャーをペースト。

https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

次は、ツール – ボード – ボードマネージャ を開いて、「ESP32」で検索。

出てきたesp32ライブラリをインストールする。今回は1.0.4をインストールした。

もういっこ大事な準備

最新のMacOSだけうまくいかないという情報もあるが、G0とGNDにジャンパーをしておかないとこんな書き込みエラーが出てしまうのだ。

Connecting........_____....._____....._____....._____....._____....._____.....____スケッチの書き込み中にエラーが発生しました
こんなふうにジャンパするんだよ

さあ、ソースを書こう

ファイル – 新規ファイル で、以下をコピペだ。

void setup() {

    pinMode(10,OUTPUT);    // ①
}

void loop() {

  digitalWrite(10, HIGH);  // ②
  delay(1000);             // ③

  digitalWrite(10, LOW);   // ④
  delay(1000);
}
  • ①は、内蔵LEDのポート(10)をOUTPUT(出力)で初期化
  • ②は、内蔵LEDのポート(10)に、HIGHを出力
  • ③は、1,000ミリ秒まつ
  • ④は、内蔵LEDのポート(10)に、LOWを出力

こんなかんじで、チカチカするんだね。さあ、書き込んでみよう。まずはM5StickCの電源を入れて(左側面のボタンを長押し)、付属のケーブルでMACに接続しよう。

書き込むときは、ツールからそれぞれこんな設定にしよう。

ボードESP32 Pico Kit
シリアルポートUSBシリアル的な名前のやつ
Upload Speed115200(速いとコケる)

さあ、いよいよ実行だ。うまく書き込めていれば以下のような表示になるはず。

「Hard ressetting via RTS pin…」と表示されたら、M5StickCをおもむろに引っこ抜き、再起動してみよう!

LEDが点滅したぞ

ハイッ!IoT界のHello World、Lチカに成功。

さて、コイツからセンサーの値をゴニョゴニョしたりして、スニーカーに埋め込まれるのはいつの日か。楽しみでならん。

それでは今夜はこのへんで勘弁してくれ。おやすみアミーゴ!

関連記事

     
  1. 実験室

    さあ、M5StickCの6軸IMUで加速度を検知して、画面を光らせたりしてみようぜ。

    今夜もまたまたIoT実験室だ。興味のないひとにはごめんなさい言いたい…

  2. 実験室

    LED&KEY(TM1638)をESP32で動かすために、ちょっとだけ苦戦しました。

    LED&KEY(TM1638)という、8セグLEDとボタンが…

  3. 実験室

    M5StickCとサーボでつくる、API連動のかっこいいアナログメーター

    この実験は、M5StickCとサーボ(Geekservo)を使って、…

  4. 実験室

    こんなに簡単にできちゃうの?っていうWordPressレコメンドプラグイン「Kindred Post…

    時代はパーソナライズですよ、機械学習ですよ。でも、先日TensorF…

  5. 実験室

    M5StickC+GPSモジュールで、LCDにロケーションを表示してみようぜ。

    さて、こないだの実験ではM5StickCの加速度センサーを使ってみま…

  6. 実験室

    M5StickCでAPIの情報を取得して表示してみよう(HTTPS通信)

    IoT実験室です。IoTに興味のないひとにはごめんなさいを言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP