ニュース

イーロン・マスクもびっくり。ロケットをスマホでコントロールするの?


KickStarterで、またもや気になるプロジェクトを見つけてしまいました。「The smart model rocket, controlled from your phone」スマホでロケットをコントロールするんですか?

アイデアを翻訳するとこう。

このプロジェクトは、テクノロジーとロケットを融合させるピュア・パッションドリブンだ。私はいつもケツから火を吹きながら飛ぶデカい金属製のやつに関心していた。

だがしかし、自分で作るなら今っぽいSpaceXとかそういうやつだ。Build-in Computerでコントロールできるやつを作るんだ。

さあ、何をみせてくれるのか?

via kickstarter.com

ああ、すべてとは言わないまでも、けっこうなことがわかってしまいました。きっとこのかわいいサーボで、推力偏向ノズルを作ろうというのですね。これをロケットのお尻にマウントするつもりだとすると、なんだかバーナーの火がサーボを直撃しそうで心配です。

いや、これはきっとコンセプト・モデルだから気にしないほうが良さそうです。大事なのは、コントロールをどうやってスマホからおこなうのか、だ。それこそが核心で、あとはどうだっていいのです。

フライトコンピューター

via kickstarter.com

…IoT工作におなじみのESP32にいくつかのモジュールがついているように見えます。どうやってこれでスマホと通信しようとしているのでしょうか。

スペック(直訳)

・確実に再利用できるべきだろう。
・噴射偏向装置がついている。だからコントロールできる。
・スマートなフライトコンピューターがついてる。
・Bluetoothコントロールだ。クールだから。
・ジャイロスコープや気圧計。
・データログがとれて、クールなグラフがつくれる。
・キットを売るつもりだ。
・だいたいそんなかんじ。

伝送距離100mぐらいのBluetoothでどのようにコントロールするつもりかはわかりませんが、ぜひSpaceXよろしく華麗にタッチダウンをきめてほしいと思います!

via kickstarter.com

[blogcard url=”http://kck.st/2NoxI25″]

関連記事

     
  1. ニュース

    え?!なに?castAwayはフツーのスマホを2画面にしちゃうの?

    Indiegogoでみつけたこのキャンペーン、なんとスマホの2画面目…

  2. ニュース

    AppleがHomePodの廉価モデルを開発中か。2020年中に登場のうわさ。

    AppleがHomePodの廉価モデルを開発中か。2020年中に登場の…

  3. ニュース

    AppleがiPhone SE(第2世代)を正式発表!うわさ通りの仕様で¥44,800から。

    Appleは4月16日、公式サイトにてiPhone SE(第二世代)を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP