実験室

  1. LED&KEY(TM1638)をESP32で動かすために、ちょっとだけ苦戦しました。

    LED&KEY(TM1638)という、8セグLEDとボタンが一体になったモジュールを、ESP32ボードで動かすために必要なことをまとめた記事です。…

  2. 3Dプリンターとステッピングモーターで、動画撮影用のターンテーブルをつくろう!

    動画をかっこよく撮影するための、撮影用ターンテーブルをつくります。3Dプリンターパーツとステッピングモーター、esp32開発ボードを組み合わせています。…

  3. M5StickCとサーボでつくる、API連動のかっこいいアナログメーター

    この実験は、M5StickCとサーボ(Geekservo)を使って、APIから取ってきた値を表示するアナログメーターを作ってみよう!という内容です。な…

  4. ESP32とステッピングモーターでメーター的なものを作ってみよう(28BYJ-48・ULN2003)…

    今夜のスラニュー実験室では、ステッピングモーターを使ってアナログメーター的なものを作ってみます。いつものM5StickCではなく、今回はESP…

  5. [IoT実験室] M5StickCで、7セグメントLED(TM1637)に何か表示してみよう!

    M5StickCで、7セグメントLED(TM1637)に何か表示してみます。…

  6. 自分でMacBook 12″のバッテリーを新品に交換した全手順を大公開!A1534。

    ついにやってしまった!編集長は、軽量モバイルノートが欲しくてメルカリで買ってきたMacBook 12インチのバッテリーがはげしく死亡したので、自分で交…

  7. AlexaでM5StickCを操作しちゃおう!

    今日のレシピは「Amazon Echo(アレクサ)で、M5StickCを操作しちゃおう」だよ。ちょっと長いよ。今夜は何をする気なのか…

  8. M5StickCからFirebase Realtime Databaseに値を書き込んじゃうよ。

    えー、IoT実験室です。もう5回もやってるので連載っぽくなってきました。IoTに興味のない人はバックボタンを連打だ!今日は何をするのか…

  9. M5StickCでAPIの情報を取得して表示してみよう(HTTPS通信)

    IoT実験室です。IoTに興味のないひとにはごめんなさいを言いたいです。でもやりたいのでやります。さて、前回まではM5StickCで加速度セン…

  10. M5StickC+GPSモジュールで、LCDにロケーションを表示してみようぜ。

    さて、こないだの実験ではM5StickCの加速度センサーを使ってみましたが、今日はついにGPSモジュールに手を出してみます。Arduino IDEのセットアッ…

  11. さあ、M5StickCの6軸IMUで加速度を検知して、画面を光らせたりしてみようぜ。

    今夜もまたまたIoT実験室だ。興味のないひとにはごめんなさい言いたい。ごめんなさい。さて、昨日の記事でM5StickCのセットアップとArduino …

  12. 壮大な計画もちっちゃい一歩から。MacOS CatalinaでM5StickCをLチカ。

    えー、これはIoTになんの興味もない人には、大変につまらない記事です。急いでバックボタンを連打したほうがよいでしょう。壮大な計画とは先日、Io…

  13. こんなに簡単にできちゃうの?っていうWordPressレコメンドプラグイン「Kindred Post…

    時代はパーソナライズですよ、機械学習ですよ。でも、先日TensorFlowのハンズオン・セミナーで爆死して帰ってきた編集長としては、「ああ、もう時代についけん…

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP