ニュース

ついにBluetoothチップ内蔵のゴルフボールが誕生?ロストボールが過去のものに。


Source: Indiegogo

ついに「二度と無くならないゴルフボール」が誕生するかもしれない。

Indiegogoに登場した”Graff Golf”プロジェクトは、ゴルフをやるテック系の人なら一度は考えたことがあるであろう、ゴルフボールの中に加速度センサーやBluetoothモジュール・バッテリーなどを埋め込んだ「スマートゴルフボール」を作ろうというもの。

via Indiegogo

ショットの分析ができる機能がフィーチャーされているが、やはりなんといっても「打球の場所がBluetooth通信で追跡できる」ことが最大のイノベーションだろう。

なぜなら、OBを打ってボールを無くした経験がないアマチュア・ゴルファーなどいないからだ。ロストボールのため、ゴルファーはどれだけのお金とスコアを無駄にしてきただろう?

via Indiegogo

Graff Golfプロジェクトはまだプロトタイピングフェーズにあり、Indiegogoのページにはプロトタイプの画像が掲載されている。これによるとコア部分の樹脂に基盤およびチップセット、リチウムイオンバッテリーなどが埋め込まれている。

via Indiegogo

専用の分析用アプリを使えば、ゴルフボールのスピンや打ち出し角度、キャリー・ディスタンスなど様々な分析を行うことができるようだ。Analytics Subscription(分析の定額課金)を選択すれば、さらに詳細な分析や履歴管理などができる。

via Indiegogo

こういったスマートボールのアイデアは以前からあったが、おそらくボールに強い衝撃が加わることによる機器へのダメージを防げるかどうか、またゴルフボールとしての性能を犠牲にしないかなどの、さまざまな技術的ハードルが製品化を困難にしていることは簡単に想像できる。

Graff Golfプロジェクトは、プロダクションの遅延がなければ2020年6月に製品の発送を行う予定のようだが、どのようにしてこういった課題を解決していくのか、また解決できるのかどうか、注目すべきプロジェクトだ。

関連記事

     
  1. ニュース

    電動に見えないE-Bike「The Babymaker」通勤するのはいいかも!

    Source: Indiegogo世界的なコロナウイルスの蔓…

  2. ニュース

    1080p対応の超小型プロジェクターが$99?Gazerスマートプロジェクター

    この新しいGazerプロジェクターは、1080pの画像を240インチの…

  3. ニュース

    リーマンサットがREADYFORで資金調達に成功

    宇宙開発と聞くと、どういうイメージをもつだろうか。資金が豊富な有名ベ…

  4. ニュース

    Slack飲み会でDJプレイをするための設定方法(みんなにうまく聞こえない場合はこうするといいよ)

    Slack飲み会で音楽を流したいんだけど、なんかみんなにうまく音楽が聞…

  5. ニュース

    え?!なに?castAwayはフツーのスマホを2画面にしちゃうの?

    Indiegogoでみつけたこのキャンペーン、なんとスマホの2画面目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP