ニュース

Arduinoが新アーキテクチャのIoT開発用ボード「Arduino Portenta H7」をローンチ。


Source: arduino.cc

ArduinoがIoT開発用の新しいプラットフォームをローンチした。

「Arduino Portenta H7」と呼ばれるこの新しいハードウェアには、暗号認証チップ、Wi-Fi、省電力Bluetooth、LTE、およびナローバンド用の通信モジュールなど、IoTハードウェアプラットフォームの構築を開始するために必要なすべてが搭載されている。

Cortex-M7およびM4 32ビットArmマイクロコントローラを搭載した低電力モジュールは、産業用アプリケーション・エッジプロセッシング・ロボット工学のアプリケーション分野などへの応用も視野に入れている。

Portenta H7はArmのMbed OSを実行することができ、Arduinoコードのみならず、PythonおよびJavaScriptをサポートする。

Portenta H7には、リアルタイムタスクと平行してハイレベルのコードを同時に実行するための2つのプロセッサが搭載されているのが特徴で、ArduinoでコンパイルされたコードをMicroPythonのコードと平行して実行し、両方のコアが相互通信する、といったような使い方が可能になる。

また、PortentaはTensorFlow™Liteで作成されたプロセスを簡単に実行できる。

「Arduino Portenta H7」モジュールは、現在テスターによるβテストが進行中で、一般提供は2020年2月になる予定。Arduinoストアでプレオーダー受付中。

関連記事

     
  1. ニュース

    Zendureから「SuperHub」が登場!総合48WのPD給電に加えてデータ&映像HU…

    Zendureから「SuperHub」が登場!総合48WのPD給電に加…

  2. ニュース

    Apple、16インチのNew MacBook Proを発表

    Appleが新しいMacBook Proを発表した。没入型(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP