ニュース

AppleがHomePodの廉価モデルを開発中か。2020年中に登場のうわさ。


Source: MacRumors

AppleのHomePodには、その価格設定の高さからシェアをAmazon EchoやGoogle Homeにあけわたしているという課題があった。

当初$349だったHomePodの販売価格は、2019年4月から$299に値下げされているというものの、まだ気軽に購入できる価格とは言えない。対してAmazon EchoやGoogle Homeには$49以下で購入できる廉価版が存在する。

MacRumorsが報じた内容によると、Appleは従来のモデルよりもツイーター(高音を再生するスピーカー)の数を7個から2個に減らした廉価版の新しいモデルを開発しているということだ。

AppleのHomePodは、その音質の高さこそ定評を得ているものの、Apple製品からでしかセットアップを行うことができなかったり、Bluetoothでの接続ができず、AirPlayのみに対応している、Amazon AlexaのスキルのようなIoTハブとしての機能が劣っているというネガティブな評価もあった。

これは、HomePodがAppleのHomeKit利用をベースに設計されたiOS利用を前提としたデバイスであることによる。

次世代モデルにおいても、このあたりが踏襲されるのか、新たにアップデートが行われるのかは、注目したいところだ。

また、現行のHomePodは内蔵された7つのツイーターが立体的な音場を形成するリッチなサウンドが支持されてきただけに、ツイーターが2基になった廉価版がどう市場に評価されるのかについては興味がある。

関連記事

     
  1. ニュース

    時代は一家に一台ロボットアームになったの?機能が優秀すぎて震えます。

    モジュールが交換可能な汎用ロボットアームがkickstarterに登…

  2. ニュース

    [新製品] Anker、最大65WのUSB充電器 PowerPort Atom III Slim (…

    Ankerは、4ポートでPIQ 3.0&GaNに対応した高速充電アダ…

  3. ニュース

    ソニーが、12:9比率ディスプレイを備えたXperia L4を海外で公式に発表。

    ソニーはUKの公式ウェブサイトで、新しいXperiaシリーズのL4を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP