ニュース

2プロペラのV-Coptr Falconの飛行可能時間は驚異の50分!画像伝送距離は7km。


スタンフォード発のベンチャー「Zero Zero Robotics」がローンチした、いまだ見たことが無かったビジュアルの2ロータードローン「V-Coptr Falcon」が話題になっている。

via zerozerorobotics.com

V-Coptr Falconは、V字型に配置されたデュアル・ローターに、チルトローターテクノロジーとダイナミック・モデリング、独自の制御アルゴリズムを組み合わせ、例えばDJI Mavic 2を20分近くも上回る、最大50分という驚異的な飛行可能時間を実現している。

また、同製品が従来一般的であった4ローター廃し、2ローターにしたことのメリットとして、抗力の低減による効率化に加え、ローターブレードによる騒音の低減をあげている。これにはローターブレードの形状を低騒音に設計したことも関係している。

via zerozerorobotics.com

V-Coptr FalconはそのV字型の2ローターアームに目がいきがちだが、その他の機能も充実している。

機体前面部には障害物検知のためのカメラを備えており、周囲の障害物をリアルタイムでモニタしながら回避する。

FPV画像伝送距離は7kmにおよび、こちらもDJI Mavic 2の5kmを大きく上回るスペックだ。カメラ部には1/2.3インチの12メガピクセルCMOSを搭載し、3軸メカニカルジンバルでコントロールされる。動画の最大解像度は4k(3,840×2,160 ピクセル)で、フレームレートは30 fps。2.7k撮影なら60fps撮影が可能。

対象物のオートフォロー機能も備えている。

ZERO ZERO Roboticsのページからオーダーが可能で、価格は2020年1月現在で$999となっている。

関連記事

     
  1. ニュース

    新しいクアルコムチップが、5G環境での複合現実体験をよりクールにする?

    米クアルコムは、年3回開催される技術サミットの締めくくりで、いくつか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP