ニュース

Micro Drone 4.0は革新的でした。そう、Mavic Miniの登場までは。


「DJI Telloの価格で、DJI Sparkの性能を。」そんなフレーズで始まったMicro Drone 4.0のプロジェクトは革新的で魅力的でした。

なぜなら、2019年1月当時にMicro Drone 4.0がIndiegogoに登場した当初は、 200g以下で2軸カメラジンバルを搭載した機体など、見たこともなかったからです。

Micro Drone 4.0 – Affordably Priced Under $200 https://www.indiegogo.com/projects/micro-drone-4-0-affordably-priced-under-200/

気づいたら「GET THIS PEAK」ボタンを押していた。

2019年1月当時は、すでに国内のドローン関連の法整備が整っており、200g以上の機体は自由に飛ばすことができなくなっていました。

ドローン購入の選択肢としては、一部エリアでしか飛ばせないことを承知でDJI Sparkを購入するか、固定カメラしか装備していないホビードローン「DJI Tello」を購入するしか選択肢がなかったのです。

特に空撮を行いたいユーザーにとっては、カメラのメカニカル・ジンバルは必須の機能だ。固定カメラの映像は見るに耐えませんでした。

2019年1月にIndiegogoに登場したMicro Drone 4.0は、まさにそんなニーズのど真ん中を狙ったコンセプトでした。

  • 2軸メカニカル・ジンバル搭載
  • 機体重量は200g以下
  • 価格は200ドル以下
via Indiegogo

数回にわたる開発スケジュールの遅延

当初のロードマップはこうでした。「3月には100ユニットを試作し、6月にはマスプロダクションを開始して、投資した人たちに配送する」。

via Indiegogo

これが計画的な遅延だったのかどうかはわかりませんが、複数回の遅延アナウンスのすえ、残念ならが2019年12月現在でもわれわれのもとにはMicro Drone 4.0は届いていません。

最初はこのようなメッセージがUpdateされていた。

IndiegogoのBackersたちにとっては、この手の遅延はよくあることで、まったく目新しいことではありません。元からオンスケジュールで製品が手元に届くとは思ってもいませんでした。しかしそんな中、

DJIがMavic Miniを発表

2019年10月31日、DJIが日本向けに200g以下のドローン「Mavic Mini」を発表しました。しかも、3軸メカニカル・ジンバルと2.7kカメラを搭載して、です。

製品の信頼性においてDJIはNO.1のメーカーと言っても過言ではないでしょう。事実、発表から1ヶ月後には配送を開始し、たくさんの人の手にMavic Miniが届けらました。

Micro Drone 4.0のようなプロダクトは、こういった大手メーカーに先んじて製品を市場に投入することに存在意義がありましたが、機能的にも上をいかれたうえに、デリバリーまで後手をとってしまいました。これは致命的な出来事だったと思います。

Micro Drone 4.0の掲示板ではRefundを求める声もあがり、Backersの多くはすでにMavic Miniを手にしている人も多いはずです。2019年12月現在のアナウンスでは、Micro Drone 4.0は2020年1月の配送開始を目指しているそうです。

スペックと価格の比較

Micro Drone 4.0DJI Mavic Mini
(日本仕様)
機体重量170g199g
サイズ150 x 150 x 50 mm245×290×55mm
折りたたみ不可
バッテリー3.7V 850mAh Li-Po7.6V 1100 mAh Li-Po
飛行可能時間10分18分
カメラジンバル2軸3軸
GPSなしあり
カメラセンサー有効画素数:5MP1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
動画解像度1080p:30fps2.7k:25/30 fps
1080p:25/30/50/60 fps
伝送距離213メートル2km
価格 ※¥18,070
¥26,284(送信機あり)
¥46,200

※ Micro Drone 4.0は現在のIndiegogo価格

Micro Drone 4.0の存在価値

すでにスペックのすべてにおいてMavic Miniに追い越されたMicro Drone 4.0の価値は、価格面とややコンパクトな機体サイズのみになりました。

Mavic Miniが一般コンシューマー向けとはいえ、やや高額であることを考えれば(それでも5万円を切っていることは驚きですが)、2万円そこそこで手に入る機体として考えれば、まだ存在価値を見いだせるかもしれません。

ただ、誰かが買おうとしていたら、残念ながらあと2万円を払ってMavic Miniを買うことをおすすめします。

関連記事

     
  1. ニュース

    新しいクアルコムチップが、5G環境での複合現実体験をよりクールにする?

    米クアルコムは、年3回開催される技術サミットの締めくくりで、いくつか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP