ニュース

いよいよカリフォルニア州が自動運転での無人配送認可を開始。1月17日から。


Photo : https://nuro.ai/

カリフォルニアで自動運転配達カーの認可がはじまった。

1月17日から、カリフォルニア州自動車局は自動運転配送車両の許可の承認を開始する。これは、テストおよび商用利用を含む許可だ。バックアップドライバーを使用する車両と、完全に無人の車両には個別の許可証がある。

via Waymo

ドライバー付きテストの要件には、車両コントロールに対する対する認証、テストドライバーに対してトレーニングプログラムを継続していること、ドライバーに問題のある前歴がないことやマニュアル・コントロールに引き継ぐことができることがあげられている。

無人テストの要件には、レベル4または5の自律機能の認定、リモートオペレーターを有していること、法執行機関との情報共有プランの保有などが含まれます。

この認可は、Waymoおよび他のAV企業が、州のDMVに今年初めの公聴会で、自動配達車を許可するように要求したために発足しました。ちょうど1年前、Waymoは州から最初の許可を得て、バックアップドライバーなしで無人車両をテストしました。

via jalopnik.com


自動配達車が事故を起こした場合の扱いについては、前例がなさすぎてまだ不透明な部分が多いらしい。

日本でも、交通量の少ない地方都市などが、いち早く自動運転の試験許可や認可をおこなって自動運転を普及させないと、日本のAI自動運転技術は、海外にますます置いていかれてしまうことになりそうだ。

関連記事

     
  1. ニュース

    Teslaの技術を採用したスタイリッシュな150Wモバイルバッテリーが登場。

    Indiegogoに、Teslaの技術を採用した、なんと150Wもの…

  2. ニュース

    Indiegogoに高性能なウイルス対策用マスクが登場。リユース可能でスタイリッシュ!

    Kickstarterに、見た目がかっこいい高機能なリユース可能なウイ…

  3. ニュース

    米Sprintが子供向けスマートウォッチ「WatchMeGo」をリリース。

    米Sprintが新しいキッズ向けスマートウォッチ「WatchMeGo」…

  4. ニュース

    わずか125gのカーボンファイバー製スマートフォン「Carbon 1 Mark II」が登場

    現在、だいたいのスマートフォンは、樹脂もしくはアルミニウムなどの材料…

  5. ニュース

    AppleがiPhone SE(第2世代)を正式発表!うわさ通りの仕様で¥44,800から。

    Appleは4月16日、公式サイトにてiPhone SE(第二世代)を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP