スラニューセレクト

100W級ACアダプターまとめ。USB Type-C規格で最強の充電器を手にいれよう。


MacBook Proなどの大型モバイルノートのユーザーにとって、純正以外のACアダプタの選択肢は多くありません。なぜなら、こちらの記事でも解説した通り、MacBook Proを充電するには、60W以上の給電能力をもったACアダプタが必要だからです。

USB Type-Cの最強ACアダプタ=100W。

USB Type-C規格での最大給電能力は、20V(ボルト) 5A(アンペア)の100Wです。これはUSB Type-Cの規格で決まっている上限なので、これ以上の給電能力があるUSB Type-CのACアダプタは存在しないことになります。

つまり、100WのACアダプタを持っていれば、MacBook ProをはじめあらゆるUSB Type-C機器への給電ができますので、まさに最強のACアダプタといっても良いでしょう。

MacBookへの給電能力が不足したACアダプタを利用した場合、「給電モード」になってしまい、充電が行われない現象についてはこちらの記事で書きました。このような現象も、100Wでの給電能力があるACアダプタならまず起こらないということです。

(ACアダプター側に100Wの給電能力があっても、機器側が対応していなければそれ以下のワッテージでの給電になってしまう場合はあります)

最大100Wで給電できるACアダプタ

実は、この最大100Wで給電できるACアダプターは、2020年1月、Hotwire調べで2つしか存在しません。また、そのうち片方は販売停止中となっています。

① HyperJuice 100W GaN USB-C Charger

via kickstarter.com

最大100Wでの給電が可能なUSB Type-C端子を備えた、クレジットカードサイズのACアダプタ。まだ発売前の状態で、手に入れるにはクラウドファンディングのIndiegogoでオーダーするしか方法がない。

今のところ、2020年3月には出荷予定となっており、発売されても品薄になることが想定できるので、今のうちにおさえておくのが良いかもしれない。

HyperJuice: World’s First 100W GaN USB-C Charger

すごいのは、100W給電もさることながら、GaN(窒化ガリウム半導体)を採用して、すごくコンパクトに仕上げてあることです。

② Anker PowerPort Atom PD 4 

via ANKER

Ankerの、最大100Wでの給電が可能な唯一のモデル。だが、初期のロットに不具合が見つかり、現在製品の回収を行っていると共に、Amazonでも購入ができなくなっている。

こちらはやや大ぶりなボディだが、Anker製品ということもあり、人気が集中していたところ販売が停止されて、あてにしていたMacBook Proユーザーを残念がらせている。

MacBook Proユーザーにとってはすごく欲しい製品だっただけに、残念。ニーズはあると思うので、ぜひ販売を再開してもらいたいと思います。

まとめ

USB Type-C での100W給電「最強」ACアダプタを入手する方法は、現在のところIndiegogoでHyper Juice製を手に入れるしかないという結論に達しました。

Anker製のPowerPort Atom PD 4 は問題があって回収になっているのは非常に残念です。

パススルー出力のあるモバイルバッテリーを使う、という選択肢もありそうなので、そのあたりは追加で調査してみたいと思います。

関連記事

     
  1. スラニューセレクト

    AliExpressのクレジット支払いは安全なの?仕組みや購入経験のおはなし。

    AliExpressでの買い物は、すごく安くて楽しいのですが、支払い…

  2. スラニューセレクト

    PD最大100W出力のモバイルバッテリー「POWER TANK」は「買い」か?

    スラニューではモバイルバッテリーをよく紹介していますが、USB Ty…

  3. スラニューセレクト

    ケーブルをAnker製品風にまとめる、おしゃれでミニマルなマジックテープみつけました。

    ぼくと同じく、ケーブルがぐちゃぐちゃになるのが何よりキライなかたに、…

  4. スラニューセレクト

    家でプログラミング学習ができるおすすめのキット3選。幼稚園児〜小学生向け。

    幼稚園や小学校が休園・休校になっている中で、こどもたちが家庭で少しでも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP