コラム

断線寸前のiPhoneケーブルを、1分でかんたんに修理する方法(費用たったの2円)


iPhoneの純正ケーブルが劣化してひび割れ、中のケーブルがむき出しになり、そのうち断線して使い物にならなくなってしまう、そんな経験ありますか?ぼくはとってもあります。

さて、今日はこんな断線寸前になったケーブルを、わずか1分でかんたんに直してしまいます。本当にかんたんです。

用意するもの

  • 断線しそうなひどいケーブル
  • 100円ライター
  • 熱収縮チューブ

熱収縮チューブって?

熱収縮チューブ

そう、この修理には熱収縮チューブというものが必要なのです。Amazonなどでかんたんに手に入ります。

127ピースも入ってます!単価にすると2円ぐらいでしょうか。激安です。

修理の方法

まずは端子部分が通るサイズのチューブを選択して、被覆がやぶれて断線しそうな部分にかぶせます。熱収縮チューブは結構縮むので、このぐらいブカブカでも大丈夫です。

そしてライターであぶります。ドライヤーなどでは熱量が不足していてあまりうまく収縮しません。ヒートガンなどがあればベストです。あんまり熱しすぎて焦げないように、適度に動かしながらあぶってください。

※ ちいさいお子さんは、お父さん・お母さんにやってもらいましょう。火事になっちゃいますよ。

完成しました

治りました!これで断線せずに当分使えそうです。まだまだこのケーブル、活躍してくれるでしょう。

関連記事

     
  1. コラム

    MacBook Proの大きな87W充電器は、30WのMacBook 12インチに代用できるの?

    これは、Apple製品間で充電器を使いまわして大丈夫なの?という疑問…

  2. コラム

    AliExpressの使い方。初心者でも安心できる買い物の方法を説明します。

    AliExpressには魅力的な中国製のアイテムがたくさん!このペー…

  3. コラム

    モバイルバッテリーって国際線の飛行機の機内に持ち込めるの?ANAやJALなど16社の規定。

    モバイルバッテリーでよく使われている「リチウムイオン」などの…

  4. コラム

    MacBookのバッテリーの寿命ってどれぐらいなの?

    MacBookを毎日使っていると、「あれ?なんだか最近バッテリーの減…

  5. コラム

    200g以下のドローンにもちゃんとある、規制について説明するよ。

    先日購入したDJI Mavic Airのレビューがやりたい!あるある…

  6. コラム

    MacBook Proを使いながら充電するために必要なワット数は?

    MacBook Pro 13インチを使いながら充電したいのに、社外製…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP