コラム

MacBook Proの大きな87W充電器は、30WのMacBook 12インチに代用できるの?


これは、Apple製品間で充電器を使いまわして大丈夫なの?という疑問にお答えする記事です。

MacBookやApple製品を複数持っている方は、一度は気になったことがあるのではないでしょうか。それは「ワット数が違うApple純正の充電器を代用しても、充電する機器は壊れないの?」という疑問です。

コネクタの形状が同じであれば充電できるため、何となく普段から異なる機種のACアダプタを代用している方が多いと思いますが、何となく心配です。

そこで今回、スラニューでは「Appleの87W充電器(MacBook Proに付属)で、MacBook 12インチ(純正だと29WのACアダプタが付属)を充電すると電力値はどうなるのか。相手の機器が壊れたりしないのか。」という実験を行いました。

Appleの87W充電器のスペック

MacBook Pro 15インチ(A1707)付属の、純正のACアダプタのスペックです。

  • 20.2V/4.3A(USB PD)or
  • 9V/3A(USB PD)or
  • 5.2V/2.4A

本体にはこのように表記があり、20ボルトでのUSB-C PD急速充電から、iPhoneへの急速充電規格の9V、通常のUSB規格の5Vでも給電を行うことがわかります。

USBのさまざまな充電規格についてはこちらのページで解説しています。

それでは実際に充電してみて、どのような電力値で給電されるのかを計測してみましょう。

まずはMacBook Proへの充電

多少数値には誤差がありますが、おおむね20V/4Aの80ワットで給電されました。上限値の87ワットではないですが、このへんはバッテリーやPCの利用状況によって変わるのかもしれません。ひとまず、MacBook Proへの給電は80Wです。

それでは、MacBook 12インチにチャージしてみます。

実験するまでもなく、いつも87W充電器を使ってしまっているので「機器が壊れるかも」という不安は特に感じないまま、USB Type-Cポートにケーブルを刺してみます。

87ワットのApple純正充電器でMacBook 12インチに給電すると、20V/1.5Aの30ワットで給電されることがわかりました。つまり、MacBook 12インチ付属の30W充電器で充電したときと同じく、代用してもちゃんと30Wにコントロールされているということです。

結論

今回の実験では、大きなMacBook Pro用の87W充電器を代用しても、ちゃんとMacBook 12インチに30Wで給電されるということがわかりました。

今後、Apple製品間でいろいろACアダプタを使いまわして、追加で実験をしてみようと思います。

関連記事

     
  1. コラム

    モバイルバッテリーって国際線の飛行機の機内に持ち込めるの?ANAやJALなど16社の規定。

    モバイルバッテリーでよく使われている「リチウムイオン」などの…

  2. コラム

    200g以下のドローンにもちゃんとある、規制について説明するよ。

    先日購入したDJI Mavic Airのレビューがやりたい!あるある…

  3. コラム

    3Dプリンターの一層目がベッドからはがれる問題、これで一発解消しました。

    3Dプリンターの造形物が土台からはがれて失敗してしまう人は、ぜひこの…

  4. コラム

    パンチングボードを壁にDIY。結局男がやりたいのってこういうことだよね。合ってる?

    パンチングボード(ピンボード・ベグボード)は男のロマン。Amazon…

  5. コラム

    断線寸前のiPhoneケーブルを、1分でかんたんに修理する方法(費用たったの2円)

    iPhoneの純正ケーブルが劣化してひび割れ、中のケーブルがむき出し…

  6. コラム

    充電器のUSB Type-CとかQCとか、Power IQとかって何のこと?

    スマホやPCの充電器を選ぶときに、説明に書いてある「◯V」「◯アンペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP