レビュー

中華製USB-Cテスターを買ったのでうれしくてレビューしてみます。そして測るの楽しい!


スラニューでは、モバイルバッテリーやMacBook周辺機器のレビューを書きますが、いつも疑問に思っていたことがあります。

それは「本当に規格通りの電圧や電流値が出ているの?」ということです。実際に充電が速く進むのを確認すれば「おそらくQC3.0とかで作動してるんだろう」ということはわかりますが、レビューする立場としては「これはテスターでちゃんと測らないと無責任かもしれない」と思ったのです。

やっぱり実際に規格通り電圧や電流値が出ているのかUSBテスターで確認しないと、メディアとしては良くないよね…。

実際に買ったUSB Type-C テスター

Amazonでいろいろ物色したのですが、なんというかこのLCDディスプレイのハック感と、基盤が上下からビスとスペーサーで挟まれているだけの無骨さにぐっとくるものがありまして、ポチってみました。

ちなみにお値段は¥2,614でした。もう少し安いものもありましたが、ここは見た目重視ということで!ちなみにメーカー名は「Pinbotronix」と書いてありました。

サイズはこんなコンパクトです。ほぼApple Watchのベゼルと同じ長さ。

とってもちっちゃい!

さっそく、身近なもので測ってみました。

まずは愛用の45W大型モバイルバッテリーOmars(こちらのページにレビューあり)のUSB Type-Cポートに、USBテスターをかませてiPhoneを接続してみました。

なるほど、iPhoneにはType-C接続でも5V/1.3Aほどで給電されていることがわかりました。それでは次はMacBookに給電してみましょう!(意味はないけどすでに楽しくなっています)

おおっ!こんどは20V/1A程度で給電されています。そしてプロトコルの欄にはQC3.0の表示が。USB Type-Cって本当にプロトコルで通信していて、電圧をコントロールしているんですね!(当たり前だけど感動的です)

このUSBテスターの機能

他にもこのUSBテスター、いろいろな機能が使えるようです。

まず、ボタンでいろいろな画面表示に切り替えができます。電圧・電流のシンプル表示やプロトコル表示、抵抗値や電流の方向などあらゆる表示が網羅されています。USB端子ごとの電圧値まで表示されています。すごい…。

多彩すぎて使いこなすのが大変そうです。でも見ているだけでもとっても楽しい!

そしてなにやら、PCに測定データを表示することができるようです!これはぜひ後日テストしてみたいと思います。

ポートやスイッチはこんな感じです。さわってみた感じだと、よほど手荒く扱わなければ壊れたりすることはなさそうです。スイッチ類は装飾のないむきだしな感じなので(それがかっこよくて買ったんですが)、そこそこ気をつけて操作しました。

まとめ

ということでこのLCD表示がかっこいいUSBテスター、かなりのお気に入りアイテムになりました。Amazonでちょっとだけ心配なレビューがありましたが、全然問題なさそうで安心しました。

これからスラニューでバッテリーやUSB関連のレビューをするときにはいつも登場しそうないきおいです

もし「同じのが欲しい」という、ぼくと好みが似ているかたがいらっしゃいましたら、こちらのAmazonの商品ページからどうぞ。

関連記事

     
  1. レビュー

    SlimQの実機レビュー – 世界最小のGaN採用65W USB充電器。

    世界最小クラスといわれているGaN採用の65W USB充電器「Sli…

  2. レビュー

    高性能でうわさのRAVPower 61W USB-C 充電器をレビュー。MacBook Pro 15…

    話題の超小型・高性能充電器のレビューです。MacBook Pro 1…

  3. レビュー

    コスパ最強とうわさのEnder-3 Pro 3Dプリンターをテストしてみました。

    最近3Dプリンターにはまっているスラニュー編集長です。3万…

  4. レビュー

    AliExpressで買った、DJI Mavic Mini用のケースと海外仕様バッテリーをレビュー。…

    DJI Mavic Miniを購入したとき、とっても後悔したものです…

  5. レビュー

    mineoからUQモバイルに乗り換えたら、とっても高速で快適になった話。速度比較あり。

    mineoの回線が、ちょっと遅くて辛かったのでUQモバイルに乗り換…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP