レビュー

高性能でうわさのRAVPower 61W USB-C 充電器をレビュー。MacBook Pro 15″での測定も。


話題の超小型・高性能充電器のレビューです。MacBook Pro 15インチに充電する時の電力測定もやりました。

話題のGaN採用超小型急速充電器、RAVPower 61W USB-C充電器をお借りすることができたので、早速レビューしてみたいと思います。

RavPower 61W急速充電器は何がすごいのか。

  • 61Wという高出力の充電器
  • なのに信じられないぐらい超小型

数あるUSB Type-Cの急速充電器の中でも、まず61Wという高出力が出せるものはかなり限られています。61Wを必要とするのは、主にMacBook Proなど大型のモバイルノートを利用している方です。

なぜなら、たとえばMacBook Proを起動させたまま、一般的な30Wの充電器で充電しようとしても、「給電モード」になってしまい、まったく充電されないどころか、徐々にバッテリー残量が減っていく、という現象が起こるからです。

この状態は充電されない「給電モード」

詳しくはこちらのページで解説しています

高出力の充電器は大型なのが一般的で、重量も重かったのですが、RavPower 61W急速充電器は、「世界最小最軽量クラス」という説明通り、ものすごくコンパクトなのです。

RavPower 61W急速充電器はどれだけ小さいの?

右に写っているのはiPadなどに付属する小型のACアダプタです。iPadの充電器とひとまわりぐらいしか変わらない、すごくコンパクトなボディであることがわかると思います。

MacBook Pro 15インチに充電してみた

しっかり急速充電できているのかどうか、USBテスターで電力測定してみました。

結果は、電圧に関してはUSB Type-C規格の上限である20Vがしっかりとかかっていました。電流値は計測したところ2.3Aで充電されており、電力は45Wとなっていました。

61W出力ではないのは、バッテリ残量などによってコントロールされているか、MacBook Pro 15インチが相手の場合は45Wで給電する仕様かもしれませんので、追加で調査をしたいと思います。

ともかく、MacBook Proにチャージした結果としては、起動させて作業しながらでも、ちゃんとバッテリ残量が増えました。純正のACアダプタとほぼ変わらず利用できそうです。

まとめ

うわさのGaNを搭載した、RavPower 61W急速充電器。すごくコンパクトなのにMacBook Pro 15インチをしっかり充電できてしまうハイパワーです。大げさかもしれませんが、とても感動しました。

一度この充電器を使ってしまうと、Apple純正の大きなACアダプタに戻りたくなくなります。ということで結論としては、大型モバイルノートの充電に「かなりおすすめ」です。

関連記事

     
  1. レビュー

    ANKER PowerWave 10 Stand ワイヤレス充電器をレビュー

    iPhone Xの充電用に、Qi対応ワイヤレス充電器ANKER Pow…

  2. レビュー

    mineoからUQモバイルに乗り換えたら、とっても高速で快適になった話。速度比較あり。

    mineoの回線が、ちょっと遅くて辛かったのでUQモバイル に乗り換…

  3. レビュー

    ZENDURE SuperMini実機レビュー。超コンパクトで10,000mAhのすごいやつ。

    昨年の12月にIndiegogoで購入(支援)した、Zeudure S…

  4. レビュー

    センスの良すぎるallroundoスパイラル型マルチケーブル。Made in Germany。

    外出先でスマートフォンにチャージしようとするとき、いつも必要になるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

スラニューについて

PAGE TOP